FC2ブログ

漫画「ヘルク」について

夏らしい晴天…という訳でもなく、今にも雨が降りそうな暗い曇天の今日この頃、ふと思い立ちました。そういえば最近ブログ書いてないなぁと。

確認してみたら、最後に更新したのは2014年となっていました。
感覚的には、1年ぐらいしか経っていないものと思っていましたが、歳を重ねるごとに、時が過ぎるのが本当に早く感じます。

今回は、大好きな漫画についてお話したいと思います。

「ヘルク」

です。

人間を憎む筋肉ダルマの無敵の勇者ヘルクが、魔王を決めるトーナメントに参加し、
やがては魔界四天王のヴァミリオ(アンちゃん)と、人間を滅ぼすために旅を続けていく…といったストーリーです。

初期の頃は、かなりギャグテイスト溢れている作風となっていますが、ヘルクの過去が明かされる過去編あたりから、物語はどんどんシリアスさを増していきます。

この作品の持つほどよいファンタジーさ、シュールなギャグ等、面白さは多様に富んでいますが、
おそらくこの作品が持つ最大の魅力は、この一点に尽きるんだろうなと思います。

この作品は、全身全霊で「希望」を肯定しているだなぁと。

心が折れそうな場面、絶望に負けそうな場面、全てを諦めそうになる場面…。
鋼の主人公ヘルクでさえ、そのような場面がありましたが、四天王ヴァミリオの言葉で最後は希望に向かっていきます。
ヴァミリオは、当初は人間を憎んでいたはずなのに。

いつだって、絶望に抗い、足掻き続けるヘルクとヴァミリオの姿に、胸が熱くなり、涙が溢れてきます。
心の奥底の燻りを、吹き飛ばしてくれるように感じます。
自分自身も、ほんの少し、前を向いてみようという気持ちにさせてくれます。

これほどの熱量で、「希望」に対して真摯に向かい続けた作品はあまりないのではないかと思います。
序盤のシュールさ加減(笑)は、人を選ぶかと思いますが、是非読んでいただきたい作品です。


「お前は独りじゃない。今度は、私がついている!」


何度読んでも、心が震えます。

この作品に出会えて、本当に良かった。
スポンサーサイト

響け!伝え!歌え!

シンフォギアライブ2013

見てきたよ!(DVDで)

参加者ほぼ全員、最前線で活躍してるトップアーティストばっかりだから、クオリティがクッソ高いのは今更すぎるから特に言いません。だけど、ある方のパフォーマンスが予想外に限界突破するぐらい凄すぎたので、これはもう記事にしないわけにはいかないと。

あるお方、それは主人公立花響のCVをやってる悠木碧さん。
曲はシンフォギアの劇中でもとっても大事な曲である「Rainbow Flower」

正直、単純な歌の上手さで言えば結構、いやかなり酷いレベルだったんだけど(音はずしまくりだし)
人の心に感動を与えるために、表面上の技術なんか問題じゃないんだ!
ってのを体現している最たる例。数々のトップアーティスト(水樹日笠高垣って豪華すぎる)が素晴らしいパフォーマンスをしていく中、このライブのベストアクトは間違いなく彼女だったと思うし、ライブの感想を見て廻っても同じ意見の人が多かったように思う。

とにかく、「全力」だったんすよねこの人。
もうホントに誇張でもなんでもなく、喉ぶっつぶれるぐらいの勢いで叫んでる。っていうか実際歌の途中で声がかれまくるぐらいの勢い。
それがスッゲー心に来るし、熱くなるわけですよ。多分アニメ本編でもこんな全力の絶叫はしてないんじゃないかと思うぐらい。

自分はあんまりライブに行ってる回数も多くないんだけど、今まで見てきたライブ、またライブDVDを含めてもトップのパフォーマンスだったように思う。悔しいけど(語弊がある言い方だが)、洋楽邦楽のロックも含めてね。そのぐらい、この時の瞬間最大風速、熱量は凄まじいものがあった。

もしかしたらつべにあるかもしれないのでホント是非一度見て欲しい。

実際にライブに参加できなかったことを死ぬほど後悔したよ!(落涙)

DrumFireみたいな必殺技専用BGMを増やして欲しいよね。

第二次スーパーロボット大戦OGの「DrumFire」という曲のアレンジのすばらしさに衝撃を受けたので記事にしてみる。

ちなみにこの曲、元々はGBAのスパロボDで主人公ジョッシュの必殺技使用時のBGMで使われてた既存の曲。
GBAなので割りと電子音でピロピロなってる感じ。それが今回(だいぶ前だけど)、PS3専用ソフトの第二次スパロボOGでアレンジされてて、それが最高にテンションあがるアレンジになってたのでちょっと語る。

で、アレンジが素晴らしいって話なんだけど、先ず既存の曲の「良いアレンジ」って大きく分けて以下の三つのパターンに分けられると思うのよ(ぼくの主観なので、という逃げ道をあらかじめ作る)
①割と原曲通りの音の構成にして、ほぼ原曲のイメージのまま進化するパターン
②原曲の良さは最大限残しつつ、アレンジャーの個性でガッツリ変わるパターン
③原曲要素ほんの少しでほぼ別の曲なんだけど、違う曲として良いよねってパターン

まぁ③は意見が分かれるところだと思うけど。
今回の記事のテーマとしては、①が該当します。

もうね、原曲を今の最新の音源で聴くならこの感じだよ!ってのがドンピシャで当てはまる。誇張なしに完璧なアレンジだと思うよ!

じゃあ、具体的にどの辺が完璧なんだよ、というのが以下の内容。

先ずこの曲の最大の良さって、やっぱり「疾走感」と「電子音」の二点に尽きると思うんですよ。
で、「疾走感」って意外と難しくて、今回みたいに音源が豪華になるとやたらと重く(メタルっぽく)なって、良い意味で軽かった曲が無駄に重くなり、台無しになる曲がたまにあるじゃないっすか(どの曲とは言いませんが)

そんな中、この曲の重さ=音のバランスが完璧すぎる!バッキングしてるギターとベースがちょうど良いバランスで響いてて、その中でシンセの主旋律!ここで二点目の「電子音」が絡むんですけど、主旋律をギターじゃなくあくまでシンセにしてる所が原曲の良さを最大限に生かしてると思うんすよ!高速バッキングで刻むベース&ギター、主旋律でなるシンセ!ホントに完璧だよこのアレンジ!(興奮気味)

曲の終わりにスライドかましてループに戻るギターもニクイ演出(ギュイーンって鳴ってる所ね)

ということで何かとっちらかっちゃった気がするけど、まとめるとやっぱり「音のバランス(=重さと置き換えてもOK)」がちょうど良い、心地良い、気持ち良いってとこですね。

最新のスパロボにも必殺技BGMどんどん欲しいなぁ。

F完(SS版)とα版の熱風!疾風!サイバスターのイントロの素晴らしさについて

熱風!疾風!サイバスター!

超がつくほどの名曲です。
イントロのダダン!の時点でテンションぐん上がり。

で、この曲歴史が長いのもあり、シリーズによって結構色んなアレンジがされているんですよね。その中でも、今日は自分のお気に入りのF完(SS版)およびα、もっと言えばα、α外伝、OG1、OG2までのアレンジを語ります。

多分スパロボファンであればピンときてると思いますけど、上記シリーズの何がいいって、イントロのシンセの音色ね!これがホント素晴らしい!ピンポンパン的な!

原曲、っつーかLOEあたりの音って、割とシンプルにコードをF→G→Aで鳴らしてるだけなんですね。このコード進行自体好きなのもあって(XのRusty Nailとかも確か同じなはず)、この時点で既に完成されてるんですが、やはりαあたりのキラキラしたシンセがたまらないんですよ!

音自体も、キラキラしてて魔装の幻想的なファンタジー的な雰囲気を物凄く引き出してるし、メロディもどこか切なさを感じるような、でもしっかりとマサキが持ってる熱さを表現してるような、とても魅力的な音色なわけで。

何が言いたいかというと、OGSで昔のアレンジに戻ってちょっとショックだったよ!ってことですね。LOEっぽいアレンジなので昔のファンの方は喜んだんだろうけど、個人的にはちょっと寂しい。戻ってくれないかな!

細美武士マジでクソ格好良すぎた。

the HIATUS~Keeper of the flame tour~
横浜ベイホール

行ってきました。初HIATUSです。
チケット取れなさ過ぎて毎回落選してるんですが、今回は運よくゲットできたので参戦。

多くは語りませんが、本当に衝撃的でした。
自分もそんなに多くのアーティストのライブに行っているわけではないのですが、多分今までで最高クラスの衝撃だったと思います。

正直、この歳であれだけ感動するとは思わなかったし、この歳でこんなにも衝撃的なライブを経験できるとは思っていなかった。やっぱライブっていいなぁと。

特に、自分がHIATUSを知るキッカケでもあり、大好きな曲である「Insomnia」
これのドラムが始まった瞬間、鳥肌が立ちましたよえぇ。感極まってか、演奏中マジで泣きそうになるぐらい涙腺が緩みっぱなし。ライブ中泣きそうになるってのも多分はじめての経験。

最近色々とやる気が出なかったり悩んでたりもしてたんですが、また明日から頑張れそう。
ホント最高のライブだった!
プロフィール

kyobass

Author:kyobass
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR