FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 逆転裁判

映画版逆転裁判を視聴しました。

正直、DL6号事件に入る前はかなり端折っており、これは失敗したなといった感じでしたが、DL6号事件に入ってからは巻き返した印象です。
何より、原作をリスペクトしていると感じられるところが結構嬉しい。改変もありましたが、基本は原作ベースですしね。

では内容について。

自分が逆転裁判という作品で重要視しているのは、とにかくピンチから逆転に向かうときのカタルシス、勢い、熱さ。この辺です。

結構無理やり感漂う展開でも、そんなもんふっとばすぐらいの勢い。これが何より楽しみでした。それを踏まえ、今回の映画版を見てみると、色々と惜しい。実に惜しい。

原作でもあった、有罪判決が下った後の「待った!」の演出や「逆転の発想」等、ピンチから這い上がる演出は良かったんですが、その後の盛り上がりが足りない。圧倒的に。

で、何が足りないのか?
結局の所、逆転裁判の逆転劇が盛り上がるのって音楽の要素がかなりのウェイトを占めてると思っていますが、その音楽の盛り上がりが映画版には足りていない。

というか素直に「追求」のオーケストラ使えよ!と。
(流れていたらすみません。でも自分は気づきませんでした)

ぶっちゃけやりすぎなぐらい派手にした追求アレンジをバックに、逆転するシーンが見たかったから今回視聴したのですが、ここがあまりにも残念だった。他の原作BGMは割と原作通りなアレンジで何回か使われてはいるんですけどね。

とまぁそんな感じなんですが、「くらえ!」の証拠品を叩きつけるシーンが映画ならではの演出になっていたり、他にも原作を知っている人なら楽しめる要素は結構あるので、原作好きな方は一度見てみるのも良いと思います。少なくても、こういう漫画やゲームが原作の実写映画でありがちな原作の良さぶち壊しているような作品ではないですし、見た後の印象は良かったです。続編あったら見たいかな、と思うぐらいには。

点数でいうと65~70点といった所でしょうか。

でもあのホラー映画並みのサユリさんの描写はいらんかったと思う…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kyobass

Author:kyobass
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。