FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のために生きるのか。それをわかっているのはアンパンマンではなくバイキンマンだそうな。

11/16(土)渋谷O-EAST 筋肉少女帯ライブ。

行ってきました。
以下セトリ。

パリ・恋の都
妖精対弓道部
仲直りのテーマ
ツアーファイナル
香奈、頭を良くしてあげよう
未使用引換券(おいちゃんボーカル)
日本の米(内田・橘高・おいちゃんボーカル)
これでいいのだ
ベティーブルーって呼んでよね
パノラマ島へ帰る
生きてあげようかな
釈迦
ハッピーアイスクリーム
レセプター
サンフランシスコ

En
航海の日
踊る赤ちゃん人間
イワンのばか
ワインライダー・フォーエバー

久々の筋少だからか、大満足な内容でした。
セトリも好きな曲多いし、オーケン離脱状態の演奏あったりで最後まで飽きさせないライブでした。
その上、アンコールの怒涛の流れ。踊る赤ちゃん人間のベース大好きなんだよぉぉ。

んで。

今回のライブで改めて思いましたが、筋少のライブの何が一番凄いって、「聴かせる曲」を演奏する際の凄まじさなんですよね。勿論メタル要素含んだ盛り上がる曲も良いんですが、オーケン含め、笑い一切なしのガチのプレイをやる時の筋少のクオリティは、他のバンドと比べても本当に郡を抜いているように感じます。

今回で言えば「パノラマ島へ帰る」「生きてあげようかな」あたりでしょうか。演奏が終わった後すぐに歓声があがるのではなく、数秒の間があってからの大歓声!演奏に圧倒されているのが目に見えてわかる。こういう演奏してくれるからこそ筋少のライブはやめられないんだなぁ。

12/23の年末ライブもチケット取れれば参戦したいっすね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kyobass

Author:kyobass
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。